top of page

わたしたちの技術

- Our Technology -

​技術的背景

- Background of the technology -

酵素、細胞、臓器などの生体物質は優れた機能を持っていますが、不安定であるために利用できる環境、用途、期間が限定されています。

東京大学大学院工学系研究科 高井まどか教授は、長年にわたって生体適合性材料である双性イオン性ポリマーを研究してきました。
この親水性の双性イオンポリマーを基材にコーティングすることによって基材表面に形成される水の保護層が、基材表面へのタンパク質の吸着を抑制し、生体埋め込みデバイスや人工臓器を長期安定化させることが出来ます。
コートされたハイドロゲル

わたしたちの

- Our Technology -

わたしたちのハイドロゲルに生体物質を内包化することで、
生体物質の固定化や長期安定化させることができます。

酵素を内包するハイドロゲルは、
酵素が有機溶剤や生体内の分解酵素による失活を抑制することができます。
グルコースと酸素を燃料として発電するバイオ燃料電池に、
グルコースや酸素を分解する酵素とハイドロゲルを組み合わせて使うと、
酵素の安定性が向上し、生体内で長期的に発電するデバイスになると期待できます。
バイオ燃料電池
わたしたちの強みは、
  • 双性イオンポリマーを精密重合する高分子合成技術
  • 双性イオンポリマーを物質表面に結合させる界面技術
  • 生体物質の評価技術
  • ライフサイエンスとバイオエンジニアリング
 
を基盤とした環境・化学・医療への応用技術です。

​代表論文・特許

- Representative paper and patents -

  1. A Modifiable, Spontaneously Formed Polymer Gel with Zwitterionic and N-Hydroxysuccinimide Moieties for an Enzymatic Biofuel Cell, Yixuan Huang, Tsukuru Masuda, and Madoka Takai, ACS Appl. Polym. Mater., 3, 2, 631–639, (2021)

  2. 特許第7359998号、双性イオン基含有ポリマーハイドロゲル

  3. 特許第6407513号、医療材料の表面修飾用ポリマー

bottom of page